白内障目薬can-c

白内障目薬can-c/最新の白内障治療薬

白内障の目薬CAN-C

 

今まで、白内障と言えばそのまま酷くなるのを待って、手術と言う経過がほとんどでしたが、最近になりアメリカで、白内障の治療をできる目の開発がされました。

 

名前は「CAN-C」と言います。

 

白内障の原因は、加齢による水晶体の酸化が原因で濁って来て、最後には見えなくなってしまう目の病気でしたが、これまでの目薬ですと、白内障の症状を抑える目薬は存在していたのですが、白内障を改善させる効果のある目薬は存在していませんでした。

 

CAN-Cは、この目の水晶体の酸化作用を防ぐだけでなく、還元作用があり、酸化してしまった水晶体を還元することで、元のクリアーな状態に戻す働きがあります。
アメリカでの臨床検査による調査で下記のような報告が出されています。

 

88.9%にグレア(不快感や物が見えづらくなる眩しさ)感度が改善された。

41.5%にレンズ透過率の改善が見られた。

90%に視力の改善が見られた。

 

実際アメリカでは約5万人の白内障患者にこの白内障の目薬を使用したところ、約90%の人に効果が出たと言う報告が上がっています。

 

一番白内障の目薬CAN-Cの効い目がいいのは、白内障になって7年以下の人だと言われています。
もちろんそれ以降の人にも十分に効き目がありますが、最大の効果が得られるのが7年以内が目安です。

 

白内障と診断されたら、とにかくこの白内障目薬CAN-Cを試してみて下さい。
白内障になったら、将来必ず手術をしなければいけない時代は終わりました。

 

can-c

 

CAN-Cには、ジェネリックの「シーナック」も発売されていますので、価格を抑えたい方は、シーナックをご利用下さい。
シ―ナックは白内障の進行を遅らせる目薬「キャンC」のジェネリック医薬品です。

 

 

白内障目薬CAN-Cは犬などの動物の白内障にも利用できます。

 

犬などを飼っていますと、老犬になりますと目が白く濁ってきて素人が見ても白内障に掛かっていることが分かる場合が良くあります。

 

CAN-Cは人間だけでなく、愛するペットの白内障の治療にも役立ちますので是非使用してみて下さい。

 

白内障になった、犬や猫は音だけを頼りに毎日の生活を送りますので、どうしてもぎこちない動きになって、年を取った事が飼い主にも理解できるようになります。

 

ですが、今まではどうすることもできず、ただ白内障が進んでいくのを待つだけでしたが、今では、進んでこの白内障を治療することが可能です。

 

大切なペットがおいていく姿はとても悲しいものがあります。

 

特に目は一番気が付きやすい部分ですので、白く濁り始めたらすぐに飼い主も気が付きますので、分かります。

 

そんな時CAN-Cでしたら、その子たちを救ってあげる事が可能です。

 

人間にとっても目はなくてはならないものと同じで、犬などのペットも目が見えなくなる事は、非常に不幸な事です。

 

大切ペットと長く楽しく暮らしていくためにも、白内障目薬CAN-Cはお役に立ちます。

 

犬白内障

 

>>>白内障目薬CAN-C・シーナックのお求めはこちら

 

白内障とは

 

白内障は、目のレンズである水晶体という部分が白く濁ってしまった状態をいいます。

 

水晶体は、直径約9ミリ、厚さ約4ミリ程度の透明なレンズで、嚢(のう)というセロファンのように薄い透明な膜につつまれています。

 

嚢の中には透明なタンパク質が詰まっています。若いころの水晶体は弾力性があり、自由自在に厚さを変えてピントを合わせられますが、年齢を重ねることによって、中央部部から次第に硬くなり、濁りが出てくるのです。

 

白内障は数年単位でゆっくり進行するため、なんとなく見えにくいなと違和感を感じながらも、そのまま我慢して過ごしてしまい、症状が悪化するケースが多いのです。
白内障は50歳以降から増え始め、60歳以上では8割の人が抱えていると言われるいわゆる目の老化現象でもあります。

 

一方若い方でも、アトピー性皮膚炎の方に、水晶体の中央部に、スリガラス状の濁りが生じる「後脳下白内障」というごく初期のうちから症状が現れる種類もあります。「後脳下白内障」は進行の早い白内障なので注意が必要です。

 

人間の目も、いくつもの部品が組み合わさった機械と同じで、故障するときは、機械全体がいっぺんに壊れるのではなく、古くなると不都合を起こす部品である水晶体の寿命が、比較的早いうち訪れるのです。

 

本来は水晶のように透明でるはずの水晶体ですが、年齢を重ねることで濁りが生じてきます。それによって、きれいに光を通さなくなった状態を白内障というのです。

 

>>>白内障目薬CAN-C・シーナックのお求めはこちら

 

白内障症状

 

個人差はありますが、初期の白内障では光が通過する瞳孔部分の水晶体にはまだ濁りがないことが多く、そのために自覚症状のない場合が多いのです。

 

白内障が進むと瞳孔(ひとみ)の部分の水晶体に濁りが現れ、この濁りを通して物を見ることになり、いろいろな症状が現れてきます。

 

1.物がかすんで見える。
透明な水晶体(レンズ)ではなく白く濁った水晶体(レンズ)を通して物を見るため、物がはっきりと見えず、霧がかかったようにかすんで見えます。

 

2.光がまぶしく感じる。
白内障とはいっても水晶体(レンズ)全体が濁るわけではなく、白く濁った部分と透明な部分が存在するため、光が乱反射して、通常以上にまぶしく感じます。

 

3.眼鏡を替えても視力が戻らない。
白内障になると水晶体(レンズ)が白く濁るため、見たものを映像として映し出す網膜まで光が到達しにくくなります。それにより、目で見たものが、はっきりと網膜に映像として映し出されないため、物がぼやけて見え、視力が低下した状態になるので、眼鏡を替えても視力が上がるわけではありません。

 

また、瞳孔は、明るさに応じて広がったり、縮んだりしています。そこで、水晶体のどの部分に濁りがあるかによって、いろいろな症状が出ます。水晶体の中央の小さな部分だけに濁りがある場合には、暗いところでよく見え、明るいところだとかすんで見えます、これを「昼盲」といいます。

 

これとは逆に、水晶体の中央の広い範囲に非常に軽い濁りがある場合には、暗い場所では見えにくく、明るい場所では割合よく見えます、これを「夜盲」といいます。

 

>>>白内障目薬CAN-C・シーナックのお求めはこちら

 

ホーム RSS購読 サイトマップ