引越しで後悔したこと良かったことをまとめました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう引越しで後悔したくはないですね

同じ引越し業者を利用したとしても、良かった場合もあったり、二度と使わないなんて思うようなことも。ここでは先輩達の引越し体験談を10話取り上げて紹介しています。ぜひあなたの引越しの参考にされてください。

3回の引越しそれぞれで後悔した事

私は今まで3回、引越し業者を使って引越しをしているのですが、その度に毎回もっとこうしておけば良かったと感じる事があります。

まず初めての引越しの時、家にあったチェストの中身を全部出してダンボールに詰め直しました。

服ばかりで軽かったのですが、何となく空にしといた方がいいのかなと感じたからです。

でもチェストや収納ケースで、中身が入っていても軽い場合は、養生テープで開かないようにしておけば、そのまま運んでもらった方が手間が省けます。

後から何でダンボールに入れ直したんだと後悔しました。

次が2回目の引越しの時です。

この時は私のイージーミスで、冷蔵庫の中身をそのままにしていたのです。

引越し業者の人に言われて初めて気づき、その場でダンボールに入れ直しました。

でも発泡スチロールじゃなかった上に夏場だったので、冷凍のお肉や魚、チーズ類のほとんどを捨てる羽目になってしまい、とてももったいない事をしました。

最後の引越しの時は、仕事が忙しくて整理が間に合わずに、引越し当日まで片付けをしていました。

徹夜でやれば片付くだろう、という甘い考えが間違いでした。

業者は14時に来る予定だったのですが、その時間になっても部屋は足の踏み場もありませんでした。

幸い1時間、業者が遅れたおかげで、何とか間に合いましたが、時間通り来ていたら、すごく迷惑をかける事になっていたでしょう。

もっと早くから片付けを始めておけば良かったと自分を責めました。

引越しは段取りが大切だな、と改めて痛感した経験です。

それから当然、引越しの段取りには料金交渉も含まれます。

私が参考にしたサイトは、

アーク引越センターとの割引交渉術 - 限界値引きを引き出す方法

です。

実際に使ったのはアーク引越センターではありませんでしたが、交渉術はどの引越し会社であっても通用する内容です。